編集したい箇所を選択して、
文字を入力してください。

※赤色の箇所が編集可能な部分です

戻る

Complete!

オリジナルの新聞が完成しました

画像をダウンロードして、SNSでシェアしよう!

選んでいるのは

A.結婚のニュース

記事作成のポイント

ハイライトした箇所を中心に、ご自身の経験に合わせて、自分の言葉で書き換えてみましょう。
例えば、said Hashimoto, who turned 42 on the same dayは「同じ日(=結婚式当日)に42歳になった橋本さんは言った」という意味。
これをsaid Tanaka, who turned 34 two months before the weddingとすると、「結婚式の2ヵ月前に34歳になった田中さんは言った」という意味に変えることができます。
特にプロポーズの言葉は、以下の「使える表現」なども参考にしながら、ぜひご自身が実際に発言した言葉や状況に書き換えてみてください。

使える表現:プロポーズの言葉

  • ・Will you marry me?
    (僕と結婚してください)
  • ・I want to grow old with you and love you for the rest of my life.
    (君と一緒に年を取って、君を一生愛していたい)
  • ・We are meant to be together.
    (僕らは一緒になる運命なんだ)
  • ・You're the only one I want to share the rest of my life with.
    (これからの人生を共に歩んでいきたいのは君だけだ)
  • ・My life will never be complete without you.
    (僕の人生は君がいないと不完全だ)

記事の語注

  • ties the knot=結婚する。
  • full decade=10年。
  • betrothed=婚約者。
  • got ... knee=片膝をついて座った。
  • strolls=散歩。
  • canes=杖。
  • courtship=交際期間。
  • procrastinator=先延ばしにする人。
  • full-fledged=完全に。

選んでいるのは

B.子供の成長のニュース

記事作成のポイント

子どもが初めて歩いた日のことは、お子さんをお持ちの方なら決して忘れられないものですよね。
ハイライトした名前や場所・日付以外にも、下の「使える表現」を参考に、ぜひ実際にお子さんが初めて歩いた時の状況を英語で書いてみましょう。
また、後半の両親のコメントも、ご自分の言葉で書き換えてみてください。

使える表現:子どもの初歩きに関する語句

  • ・pull him/her up by his/her hands to stand him/her up
    (つかまり立ちをする)
  • ・hold onto furniture to take a few steps
    (家具につかまって2,3歩歩く)
  • ・encourage him/her to come to me
    (こっちへおいでと呼びかける)
  • ・a push toy helps him/her learn to walk
    (押して遊ぶおもちゃの助けを借りて歩けるようになる)
  • ・start walking without passing through the crawling stage
    (はいはいを経ずに歩き始める)
  • ・toddle
    (よちよち歩く)
  • ・fall on his/her bottom
    (尻もちをつく)
  • ・protect sharp corners on furniture
    (家具のとがった角にパッドを貼る)

記事の語注

  • cheered=歓声をあげた。
  • gave no indication that ~=~の兆候を示していなかった。
  • crawled=はいはいした。
  • grassy=草地の。
  • tentatively=おそるおそる。
  • hovered close by=すぐ近くにいた。
  • flank=~の横にいる。
  • spectacle=素晴らしい光景。
  • apparent signal that ~=~だという明らかなサイン。
  • animal crackers=動物型の菓子。
  • was grinning from ear to ear=満面の笑みを浮かべていた。

選んでいるのは

C.変顔選手権優勝のニュース

記事作成のポイント

この記事は名前のところなどを変えるだけで、ご自身のストーリーにすることができます(その意味では最も初級者向けと言えるでしょう)。
もう少し変えたければ、最終パラグラフを「受賞の感想」や「自身の変顔の説明」などに書き換えてみましょう。
In a picture Nishimoto submitted, she rolls up her eyes and sticks out her tongue.
“This is the funniest face I have ever seen in my entire life,” said Carmichael.
“I laughed so much that I nearly cried!” he added.
のように書くことで、変顔の説明をすることができます。

使える表現:変顔関連の語句

  • ・make a funny face
    (面白い顔をする)
  • ・roll up my eyes
    (白目をむく)
  • ・stick out my tongue
    (舌を出す)
  • ・pucker my lips
    (口をすぼめる)
  • ・puff out my cheeks
    (ほおをふくらませる)
  • ・cross my eyes
    (寄り目になる)

記事の語注

  • lexicon=辞書。
  • contortions=ねじれ、ゆがみ。
  • giggling=笑う。
  • architect=建築家。
  • made headlines=ニュースになった。
  • came into being=生まれた。
  • protracted=長期化している。
  • dispositions=気質。

選んでいるのは

D.ペットのニュース

記事作成のポイント

ハイライトした部分を中心に書き換えてみましょう。
ここではペットの犬を想定していますが、猫を飼っている方であれば、例えばwagged his tail for the cameras(カメラに向かって尻尾を振った)をpurred loudly(大きく喉を鳴らした)などに変えることができます。
記事では「夫婦がペットを養子にした」となっていますが、独身の方であれば、個人で養子にする形に変えるのがよいでしょう。
ぜひ、かわいいペットと一緒に写った写真をアップして、素敵な記事に仕上げてください。

使える表現:犬・猫の種類

  • poodle(プードル)/Chihuahua(チワワ)/dachshund(ダックスフント)/Pomeranian(ポメラニアン、略してPom)/miniature schnauzer(ミニチュア・シュナウザー)/shiba(柴犬)/Yorkshire terrier(ヨークシャー・テリア)/Welsh corgi(ウェルシュ・コーギー)/Labrador retriever(ラブラドール・レトリバー)
  • Scottish fold(スコティッシュ・フォールド)/munchkin(マンチカン)/American shorthair(アメリカン・ショートヘア)/ragdoll(ラグドール)/mixed-breed dog [cat](雑種犬・猫)

記事の語注

  • adopt=~を養子にする。
  • residents=住人。
  • purebred=純血種の。
  • take full responsibility for ~=~に全責任を負う。
  • well-being=幸せ。
  • persuading=~を説得する。
  • sniffed vigorously at ~=一生懸命~のにおいを嗅いだ。
  • enrolling=~を入学させる。
  • canine=犬の。
  • part=役。

選んでいるのは

E.ノーベル賞受賞のニュース

記事作成のポイント

この記事は名前のところなどを変えるだけで、ご自身のストーリーにすることができます(その意味では最も初級者向けと言えるでしょう)。
もう少し変えたければ、受賞の感想の部分をご自身ならどう言うかと考えて、自分の言葉に書き換えてみましょう。
以下の「使える表現」をアレンジして使ってみてください。
この記事は写真が命。
思い切り「決め顔」で撮った写真をアップロードしましょう。

使える表現:受賞の際のコメント

  • ・I am honored to be able to receive such a great prize.
    (こんなに素晴らしい賞を頂くことができて光栄です)
  • ・I am truly grateful for the recognition I have received for my work.
    (自分の仕事に対して受けた評価に、心より感謝いたします)
  • ・I never imagined that I would receive such an amazing prize.
    (こんなに素晴らしい賞を頂くことになるなんて、考えたこともありませんでした)

記事の語注

  • Nobel Prize in physiology or medicine=ノーベル医学生理学賞。
  • confidence=自信。
  • self-confidence=(自分に対する)自信。
  • neurologist=神経学者。
  • draws out the best in ~=~の最も良い部分を引き出す。
  • doctoral candidate=博士号取得候補。
  • is activated=活性化される。
  • secretions=分泌。
  • kicks in=始まる。
  • whereupon=その後すぐに。
  • noticeably=目に見えて。
  • alluring=うっとりさせる。

タイトル

発行年月日

発行者名

本文

画像選択

この画像が選択されています

画像説明文

コメント